ニュース
» 2017年01月31日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:組み込み開発におけるコンピュータビジョン実装のあるべき姿

画像認識(コンピュータビジョン、マシンビジョン)の需要は高まっていますが、その方法はさまざまです。画像による入力を有用なものとする実装方法について、分類と整理を試みます。

[渡邊宏,TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『組み込みにおけるコンピュータビジョンを整理する』をご紹介します

組み込み開発におけるマシンビジョン実装のあるべき姿とは

photo

 人間が目で見るようにコンピュータでモノを見る技術であるコンピュータビジョン(マシンビジョン)の需要は日増しに高まっており、さまざまな実装方法が提案されています。ただ、顔認識を利用したセキュリティシステムとバラ積みピッキングのマシンビジョンが同一でないように、需要の広まりは実装方法に多数の選択肢を要求しています。

 コンピュータビジョンは、組み込みシステム的には「集束光をエンベデッドシステムの入力として使用するさまざまな方法」となります。ですが、先ほど述べたよう、その実装方法はシンプルなバーコードリーダーシステムから、リアルタイムのマルチカメラとニューラルネットワーク・エミュレータを組み合わせた大規模なものまでさまざまです。

 ここでは最適な実装を求める方の一助となるべく、画像による入力を有用なものとする実装方法について分類と整理を試みます。


電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、MONOistに掲載された「組み込みにおけるコンピュータビジョンを整理する」を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.