ニュース
» 2017年01月27日 08時00分 UPDATE

オプテックス・エフエー FASTUS CDXシリーズ:直線性「世界最高」のレーザー変位センサー

オプテックス・エフエーが三角測量方式の拡散反射型変位センサーとして「世界最高」の直進性を持つレーザー変位センサー「FASTUS CDXシリーズ」を2017年2月下旬より販売開始する。

[渡邊宏,TechFactory]

 オプテックス・エフエーは直進性に優れたレーザー変位センサー「FASTUS CDXシリーズ」を2017年2月下旬より販売開始する。三角測量方式の拡散反射型変位センサーとして「世界最高」の直進性が特徴だ。

 新開発のイメージセンサー、専用設計の受光レンズ、高剛性な独立ベースユニット構造の採用などにより、従来製品比で約2.7倍となるリニアリティ±0.018%FSを達成してる。なおヘッド部分にはイーサネット機能を搭載しており、別途コントローラーを用意することなくネットワークへの接続が行える。

レーザー変位センサー「FASTUS CDXシリーズ」 レーザー変位センサー「FASTUS CDXシリーズ」

 また、Webサーバ機能も内蔵しており、ネットワーク接続されたPCのWebブラウザから測定値や設定内容の確認、各種制御が行える。製品は測定距離85±20mmで分解能0.1μmのミドルレンジタイプと、測定距離150±40mmで分解能0.2μmのロングレンジタイプと2種類を用意する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.