ニュース
» 2017年01月12日 07時00分 UPDATE

ユビキタス Ubiquitous QuickBoot:高速起動ソリューションがルネサス最新SoCに対応、車載向けに機能強化

ユビキタスのLinux高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」が、ルネサスの「R-Car H3」「R-Car M3」に対応。セキュアブートなど車載向け機能強化も果たした。

[渡邊宏,TechFactory]

 ユビキタスは同社のLinux/Android向け高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」が、ルネサス エレクトロニクスの車載向けSoC「R-Car H3」「R-Car M3」に搭載されているRenesas Linux BSPに対応したと発表した。

 QuickBootは同社独自開発によるシステム高速起動ソフトウェア。アプリケーション側で利用しているメモリ量に依存せず、電源オフの状態から数秒でシステムを高速起動できる。組み込みLinux/Androidを利用した製品はその多機能化と高機能化に伴うシステムの増大によって起動時間は長くなる傾向にあるが、同SDKを組み込むことで、その問題を解消できる。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.