ニュース
» 2017年01月10日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:「ゲンバ」への音声認識導入を失敗させる2つの原因

ハンズフリー作業によって生産効率を上げる「音声認識」ですが、製造業への相性は良いものの失敗する事例も後を絶ちません。失敗の2大要因とその対応策を探ります。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は「製造現場での音声認識導入を失敗させる2つの原因と対応策」を紹介します。


「ハンズフリーで効率アップ」が失敗する2大要因とはなにか

 技術的には新しいものではありませんが、ハンズフリーで効率化を図れる音声認識技術に対するニーズは根強く、近年、製造現場でも活用事例が増えています。具体的には部品の出入庫やピッキング、製品検査、作業ナビゲーションなどに用いられており、作業効率のアップはもちろん、人的なミス防止にも成果を上げています。

 しかし、導入はしたものの「音声認識の精度が悪い」「思ったように効率が上がらない」といった状況に陥ることも珍しくなく、せっかくの導入が効果を発揮していない現場も散見されます。ここでは製造業の現場における音声認識技術の導入とそのメリット、さらには「導入の失敗」とその改善策について解説します。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載された特集記事「製造現場での音声認識導入を失敗させる2つの原因と対応策」(掲載日:2016年12月2日)を基に制作しています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.