ニュース
» 2017年01月06日 15時00分 UPDATE

日本テクシード/DRD:新会社「パーソルR&D」設立、自動車分野に対して高付加価値サービスを提供

テンプホールディングスは、パーソルグループ内でエンジニア事業領域を担う日本テクシードと、自動車関連の設計・実験事業を行うDRDを2017年4月に統合し、同事業領域の強化を図ると発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 テンプホールディングスは2016年12月、パーソルグループ内でエンジニア事業領域を担う日本テクシードと、自動車関連の設計・実験事業を行うDRDを2017年4月に統合し、同事業領域の強化を図ると発表した。新会社名は「パーソルR&D」、代表取締役社長には宮村幹夫氏が就任する。テンプホールディングスの100%出資で、資本金は4億9500万円。


 今回の統合により、自動車の開発工程において、設計から実験までの製品一括請負から部品単位の請負、コンサルティング、エンジニアの派遣まで、ワンストップ対応が可能となる。また、短期的なエンジニア支援から複数年にわたる大型プロジェクトの支援まで、さまざまなニーズに対応する。

 自動車業界では製品開発工程のアウトソーシング化が進み、製造工程全てを一括してアウトソーシングできる技術基盤を持つ存在が不可欠だ。しかし、現在は特定メーカーの子会社やエンジニア派遣サービス会社が中心で、一部のアウトソーシングやエンジニアの派遣にとどまっている。また、エンジニアの高齢化や人材不足、技術の伝承も課題となっている。

 両社の統合はこうした自動車業界の課題を背景として、自動車業界を中心としたエンジニア派遣サービスや設計請負、CAE解析を強みとする日本テクシードと、商用車メーカーの開発部門としてスタートし、自社で実験設備を持って設計から実験まで一貫して開発が可能なDRDの技術力を融合し、より高付加価値なサービスの提供を目指すものだ。

 将来的には、モデルベース開発などの先端技術の取り込み、コンサルティング事業などの高付加価値ビジネスへのシフト、自動車以外の産業領域への拡大や海外展開も進めていくという。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.