ニュース
» 2016年12月22日 15時00分 UPDATE

ハーティング/ヒロセ電機 ix Industrialなど:従来比70%小型化したイーサネットコネクター、カメラシステムや制御機器向けに

ハーティングは、ヒロセ電機と共同開発した小型イーサネットコネクター「ix Industrial」と、同社開発によるイーサネットコネクター「T1」「M8」について発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 ハーティングは2016年11月、ヒロセ電機と共同で開発した小型イーサネットコネクター「ix Industrial」を発表した。併せて、同社開発によるイーサネットコネクター「T1」「M8」も発表した。生産開始は2017年4月を予定している。


 ix Industrialのソケットは5つのスルーホールリフローで、基板へしっかりと固着できる。従来の「RJ45」より70%小型化しており、小型化が進むカメラシステムや制御機器、産業用コンピュータなどのニーズに対応する。ixコネクターは2つのメタルフックで確実に接続でき、装着の際にはクリック音と装着感が得られるため、ユーザーはケーブルから基板へ、正確に接続したことを確認できる。

新小型イーサネットコネクター「ix Industrial」 新小型イーサネットコネクター「ix Industrial」

 また、IEC/PAS 61076-3-124に準拠した嵌合面を標準化することで、ユーザーに広範な技術基盤を提供する。さらに嵌合面はCat.6A性能で1/10Gbpsイーサネットに対応するなど、将来を見据えた構造となっており、1つのインタフェースでデータ伝送と電源供給が同時にできるため、省スペースの接続を可能にする。

 その他にも、ハーティングは単独でイーサネットコネクターを2種開発した。T1は、1ペアのより線で10ギガビットを伝送できる。スペースや配線が少なくて済むため、特に小さなイーサネット機器に向いている。M8は、小型かつ堅牢なコネクターで、クラウドからリモート現場配線までイーサネットのスマート伝送が可能だ。

T1M8 (左)1ペアのより線によるイーサネットコネクター「T1」/(右)イーサネットコネクター「M8」


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.