ニュース
» 2016年12月13日 07時00分 UPDATE

シュナイダーエレクトリック EcoStruxure:日本の製造業を「後付けでIIoT対応」させるIoT基盤

シュナイダーエレクトリックが需要に応じハードウェアやソフトウェア、ネットワークやインテグレーションなどを最適な形で組み合わせる「EcoStruxure」を刷新、提供を開始した。既存設備のIIoT対応を“後付け”で実現する。

[渡邊宏,TechFactory]

 シュナイダーエレクトリックは2016年12月8日、同社IoTプラットフォーム「EcoStruxure」を刷新、提供を開始したと発表した。

 EcoStruxureは需要に応じハードウェアやソフトウェア、ネットワークやインテグレーションなどを最適な形で組み合わせるアーキテクチャとも呼べるもので、このアーキテクチャは具体的な産業別にあらかじめ大別されており、IoT活用の効果を早期に出せるように支援する。

photo 「EcoStruxure」の概要。エンドデバイスからエッジコンピューティング、クラウドまでを包括的にサポートする。既存システムへの導入も得意とするところであり、同社ではEcoStruxureについて「日本の製造業、エンジニアリングをIIoT対応にする」とメリットを述べる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.