ニュース
» 2016年12月13日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:「センサー」「仮想化」「フォグ」の視点からIoTを再考する

IoTがその現実性について語られるようになった今だからこそ、その基本概念を再考する機運が高まっています。「センサー」「仮想化」「フォグ」などの観点から、IoTを再考してみましょう。

[TechFactory]

 モノのインターネット(Internet of Things:IoT)が必須事項の1つとしてその地位を確立するにつれ、その基本概念に注目するシステム・アーキテクトが増加しています。そのなかで専門家は、IoTの「構造」に対して厳しい視線を送っています。IoTを「全てがインターネットに接続された状態」と言葉で表現することは簡単ですが、現実はそう単純ではないからです。

 ここでは「センサー」や「仮想化」「フォグ」、さらには「セキュリティ」といった要素に注目しながら、IoTを再考します。IoTの概念がモノ、そのハブ、データセンターの構造、インターネットそのものに大きな変化をもたらす可能性を秘めていることに気が付かされるでしょう。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、MONOistに掲載した「SYSTEM DESIGN JOURNAL:モノのインターネットを再考する」を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.