ニュース
» 2016年12月06日 08時00分 UPDATE

CASO EKAM Board:オリジナルネットワーク機器の開発に適したL2スイッチ搭載のMini-ITXボード

CASOがオリジナルのネットワークアプライアンス構築に適したレファレンスボード「EKAM Board」を発売。L2スイッチやSATAなど豊富なインタフェースを持ち、Atomの搭載で高い汎用性も持つ。

[渡邊宏,TechFactory]

 CASOは2016年11月29日、オリジナルのネットワークアプライアンス構築に適したレファレンスボード「EKAM Board」の販売を開始した。開発環境が無償提供されており、メモリとACアダプターを用意するだけでゲートウェイやルーターといったネットワーク機器の開発を行える。

 フォームファクタとしては小型PCで一般的なMini-ITXを採用しており、CPUにはインテルのAtom C2558をオンボードにて搭載する。メモリスロットはDDR3L×2(最大32GB)。インタフェースとしてはUSB 2.0×2、L2スイッチとしてRJ45×5(PoE対応4)、ギガビットイーサネット(GbE)として1GbE RJ45、1GbE SFP、コンソールをそれぞれ1基備えている。

レファレンスボード「EKAM Board」 レファレンスボード「EKAM Board」

 L2スイッチを内蔵しておりそれぞれのポートをローカル/DMZに割り当てることが可能である他、ソフトウェアの設定のみでローカル/DMZなどにバーチャルマシンの構築も可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.