ニュース
» 2016年12月06日 15時00分 UPDATE

東芝情報システム:故障の少ない産業機械でも故障を予測できる異常検知機能

東芝情報システムは、ユーザーの持つさまざまなデータを機械学習を活用して分析する「分析・予測支援サービス」の機能を拡充。故障発生パターン検知に対応し、故障の少ない産業機械でも故障を予測できる。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 東芝情報システムは2016年11月、ユーザーの持つさまざまなデータを機械学習を活用して分析する「分析・予測支援サービス」の機能を拡充したと発表した。故障発生パターン検知に対応し、故障の少ない産業機械でも故障を予測できる。同機能を備えた「故障予測パッケージ(異常検知機能)」の月額使用料は40万円で、同年12月の提供開始を予定している。


 同社は、既存のデータを活用して将来予測を行う分析・予測支援サービスを展開している。同サービスでは、各種センサーから収集したデータを分析し、故障予測モデルの生成・管理・故障予測判定を行うソフトウェアとして、故障予測パッケージを提供している。

 今回、この故障予測パッケージの機能を拡充し、新たに異常検知機能を追加した。同機能は、通常時の範囲から大きく外れたデータを検出し、将来起こり得る故障を予測する。一般市場品など、故障が少ない製品の状態監視などに利用できる。

 製造業では、機械の稼働率が業績に大きく影響する。産業機械は故障が発生すると生産性が低下し、売り上げ減少やメンテナンス費用の増大などのリスクにつながる。そのため、故障発生が少ない機械でも故障予測を行いたいというニーズが多かった。

分析・予測支援サービス 故障予測パッケージ 分析・予測支援サービス 故障予測パッケージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.