ニュース
» 2016年11月30日 15時00分 UPDATE

ケーメックス 700シリーズ:生産ラインの安定稼働に役立つ近接センサー、従来比2倍の長距離検出を実現

ケーメックスは、スイスのCONTRINEXが製造する近接センサー「700」シリーズを発売した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 ケーメックスは2016年11月、スイスのCONTRINEXが製造する近接センサー「700」シリーズを発売した。自動車生産ラインの加工工程に設置することで、生産設備が停止するリスクを低減し、生産ラインの安定稼働につながる。サイズは、M8、M12、M18、M30の4種で、埋め込み可(シールド)と埋め込み不可(非シールド)の2つの取り付けタイプをそろえた。価格はオープンである。

 センサー部である検出面も含め、継ぎ目のない一体構造を採用した。衝撃に強く、検査対象物との衝突などによる故障も軽減できる。ステンレス製のため、検出面にスパッタが溶着しにくく、メンテナンス性も向上した。保護等級構造はIP68+IP69Kとなっている。

 検出能力にも優れ、一般的なセンサーに比べて2倍の距離まで検知できる。シールドタイプでは、M12、M18、M30でそれぞれ6mm、10mm、20mmの長距離検出が可能だ。また、非磁性体のアルミの検出時にも、鉄の検出時と同等の距離でアルミを検出できる。

 接続方式は、ケーブル式、コネクター式、コネクター中継式の3つをそろえている。食品機械や海水アプリケーション向けも用意し、85度以上の高温環境でも使用できる。

CONTRINX「700」シリーズ CONTRINX「700」シリーズ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.