ニュース
» 2016年11月08日 08時00分 UPDATE

ローランド ディー.ジー. METAZA MPX-95:医療器具への固有識別子刻印にも――汎用性と利便性を追求したメタルプリンタの新製品

ローランド ディー.ジー.は、金属系材料の表面に打刻針を打ち付けることで文字や図柄などを表現するメタルプリンタの新製品「METAZA MPX-95」と、デザイン装飾/2次元シンボル表示に最適化した2種類の専用キットの販売を開始した。

[八木沢篤,TechFactory]

 ローランド ディー.ジー.(ローランドDG)は2016年11月2日、金属系材料の表面にスタイラス(打刻針)を打ち付けることで文字や図柄などを表現する刻印装置、メタルプリンタの新製品「METAZA MPX-95」と、デザイン装飾/2次元シンボル表示に最適化した2種類の専用キットの販売開始を発表した。

 METAZA MPX-95は、2000年に登場したMETAZAシリーズ初号機「MPX-50」の後継機種で、従来機種と同様に文字や図柄だけでなく、階調付き写真などを金属系材料(金、銀、銅、プラチナ、真ちゅう、アルミ、鉄、ステンレスなど)の表面に刻印できる。METAZA MPX-95では、市場拡大と新市場開拓を視野に、大型のオブジェクトや複雑な形状に対応できるよう、作業時に材料を設置するベースユニット(台座部分)を着脱式に改良した。さらに、刻印位置を示すレーザーポインターを搭載し、機器に不慣れな初心者でも、狙った位置にスムーズに刻印できるようにした。

メタルプリンタの新製品「METAZA MPX-95」 メタルプリンタの新製品「METAZA MPX-95」

 取り付け可能な対象物の大きさは、ベーステーブルとベースプレート使用時で、最大100×200×40mm、または200×100×40mm。ベースプレートのみ使用した場合は、最大100×200×70mm、または200×100×70mmとなる。刻印可能領域は、最大で80×80×70mmで、50×50×70mmを推奨領域としている(その他仕様はページ下部に掲載)。

 標準付属品である専用ソフトウェア「Roland METAZAStudio」は、刻印用のデザインデータ作成を支援。写真データを取り込んで加工したり、文字や図柄などを加えたりでき、誰でも簡単にオリジナルデザインを作成できるという。


専用キットで、グッズの名入れから医療器具へのシンボル刻印まで柔軟に

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.