ニュース
» 2016年11月07日 08時00分 UPDATE

三菱重工工作機械/SFC研究所 デルタ・ワークス・コンセプト:デルタ式3Dプリンタとレーザー加工技術を応用した3D金属造形システム、操作は全てタブレット端末で

三菱重工工作機械と慶應義塾大学SFC研究所 ソーシャル・ファブリケーション・ラボは、新たなコンセプトの3D金属造形システム「デルタ・ワークス・コンセプト」を共同開発した。

[八木沢篤,TechFactory]

 三菱重工工作機械と慶應義塾大学SFC研究所 ソーシャル・ファブリケーション・ラボは2016年11月1日、新たなコンセプトの3D金属造形システム「デルタ・ワークス・コンセプト」を共同開発したことを発表した。

 両者は、同年4月からデルタ・ワークス・コンセプトの共同研究をスタートさせ、デルタフレーム構造とその制御技術について開発を進めてきた。このたび、それら構造・技術などを盛り込んだ3D金属造形システムのプロトタイプモデルを開発。同年11月17日から開催される「JIMTOF2016 第28回日本国際工作機械見本市」(場所:東京ビッグサイト)に参考出品し、3D金属造形のデモンストレーションを行い、デジタルファブリケーションをはじめとする幅広い用途での可能性を探る予定だという。


技術と知見の集大成「デルタ・ワークス・コンセプト」の可能性

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.