ニュース
» 2016年11月02日 07時00分 公開

NEC サプライチェーンマネジメントIoTソリューション:企業間のIoTをつないで、サプライチェーン全体を最適化する中堅企業向けIoTソリューション

NECは、サプライチェーンにおけるムダを排除し、コスト競争力・スピード感のある企業間連携を実現する中堅企業向けの「サプライチェーンマネジメントIoTソリューション」を製品化し、2017年1月から提供を開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

 近年、さまざまな業界、産業分野においてIoT(Internet of Things:モノのインターネット)活用に注目が集まっている。そんな中、中堅企業においては、自社単独でのIoT活用にとどまらず、パートナー企業との間でそれぞれがIoT活用により収集した情報を共有することで、サプライチェーン全体の見える化や最適化を実現し、競争優位性を確立したいというニーズが高まりつつあるという。

 こうしたニーズに対し、NECは、サプライチェーンにおけるムダを排除し、コスト競争力・スピード感のある企業間連携を実現する中堅企業向けの「サプライチェーンマネジメントIoTソリューション」を製品化し、2017年1月から提供を開始する。個々の企業がIoTを活用して収集した生産進捗や配送進捗、店頭在庫といった情報を、サプライチェーンを構成する企業がクラウド上で共有するデータベースに蓄積。これにより、取引先の状況を正確に把握した上で自社の業務計画を柔軟に変更できるようになるという。

 このたび、同ソリューションの第一弾として、(1)製造業と物流業で完成品在庫情報を共有し集荷時期を最適化するソリューションと、(2)物流業と小売業で配送進捗を共有し店舗での待機工数を削減するソリューションを提供する。

 それぞれの特長は以下の通りである。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.