ニュース
» 2016年11月01日 08時00分 UPDATE

NEC エッジゲートウェイ:産業用PCで培った、組み込み環境対応のIoTゲートウェイ

NECが「NEC the WISE IoT Platform」に対応するIoTゲートウェイを開発、2017年3月より出荷開始する。「FC98」や組み込み事業で培ったハードウェア構造で、接続機器からのノイズ対策や産業グレードの保存温度が確保されている。

[渡邊宏,TechFactory]
NEC「エッジゲートウェイ」 NEC「エッジゲートウェイ」

 NECは2016年10月31日、同社IoT基盤「NEC the WISE IoT Platform」に対応するIoTゲートウェイ「エッジゲートウェイ」を開発、2017年3月より出荷開始すると発表した。

 各種センサーや監視カメラ、産業機器など無線ネットワークに直接接続できない機器を接続することで、同社IoT基盤「NEC the WISE IoT Platform」を介して機器状況の見える化を可能とするゲートウェイ。同社産業用PC「FC98」や組み込み事業で培ったハードウェア構造が採用されており、接続機器からのノイズ対策や産業グレードの保存温度(−20〜75℃、動作温度は−5〜55℃)が確保されている。

 各種デバイスから得られたデータをクラウドへ送るのみならず、搭載するアプリケーションによって取得したデータの一次処理を行うことも可能であり、「異常検知への反応はゲートウェイ、データの見える化はクラウド」といった分散処理も行える。また、クラウド側からファームウェアやアプリケーションのアップデートも可能だ。

 有線インタフェースはUSB2.0(×4)、イーサネット(×2)、RS-232C(×2)、RS-485(×1)で、3G/LTEやBluetooth、Wi-Fi、920MHz帯無線機器は内蔵オプションの扱い。CPUはATOM(1.46GHz)でメモリは2GB、ストレージは4GB。OSにはDebian 8が採用されている。セキュリティ機能としては不正なUSB機器やマルウェアによる意図しない接続などを防止するホワイトリスト型セキュリティ機能が用意されている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.