ニュース
» 2016年10月24日 08時00分 UPDATE

日立製作所 クラウド型設計業務支援サービス:3次元データの共有時間を半減! グローバル統一の協調設計環境を実現するクラウドサービス

日立製作所は、国内外の拠点間における設計業務の効率向上を実現する「クラウド型設計業務支援サービス」の提供を、2016年10月19日から開始すると発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 近年、製造業では多様化する顧客ニーズに適した製品を迅速に提供するため、製品設計業務を世界中に分散する複数拠点やサプライヤー間で分担・協力し合って進めている。そうした場合、複数拠点間で、製品仕様書や図面など、設計業務に関するデータを共有する必要があるため、ファイル転送サービスやメールなどが主に利用されている。

 しかし、データ容量が大きく、複数ファイルで構成されるような3次元CAD/CAEデータの場合、従来のやり方ではデータ共有に時間がかかるため、複数拠点が連携して設計業務を行う上で課題となっていた。さらに、プロジェクト進捗などのデータは、各拠点・各社内で個別に管理されることも多く、関係者間で必要な情報が適切なタイミングで共有されていない、といったケースも見受けられる。そのため、同一プロジェクトの中で工程管理が統一されずに、これが作業の手戻りや設計不良の発生を引き起こす一因となっていた。


3次元データ共有時間を約50%削減、クラウド型設計業務支援サービスとは?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.