ニュース
» 2016年10月21日 08時00分 UPDATE

パナソニック POVCAM:術野収録に適した4Kレコーダーシステム

パナソニックが4Kカメラと小型レコーダーを組み合わせた、術野収録に適したメディカル用ポータブルレコーダーシステムを2017年春に販売開始する。

[TechFactory]

 パナソニックは2016年10月17日、医療むけポータブルレコーダーと4Kカメラヘッドの試作機を開発、「POVCAM」(AG-MDR25/MDC20)として2017年春に販売開始すると発表した。既存フルHD術野カメラシステム(レコーダー「AG-MDR15」、カメラヘッド「MDC10G」)の後継と位置付けられる製品で、価格は未定。

 新製品はAG-MDR15/MDC10Gと同様、録画部とカメラ部を高い柔軟性を持つケーブルで接続しており、新たに4K(3840×2160ピクセル)での録画とPCおよびネットワーク機器とのIP接続を可能にすることで撮影と撮影映像の運用性を高めた。

「POVCAM」(AG-MDR25/MDC20) 「POVCAM」(AG-MDR25/MDC20)

 レコーダー操作部のスイッチ類はメンブレンシートでカバーされており、消毒用エタノールでの拭き取りが行える。インタフェースには3G-SDI入出力、マイク/ライン入力、HDMI出力、LAN端子を備える。

 IP対応することによってPCやタブレットからのリモート撮影とモニタリングが可能で、撮影後のFTPサーバ転送も行える。カメラヘッドは光学20倍ズームレンズとNDフィルター、アーム作動時の撮影でもブレを抑える5軸ハイブリッド補正、無影灯撮影モードなど、術野収録に適した仕様となっている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.