ニュース
» 2016年10月20日 09時00分 UPDATE

PTC ThingWorx:SAP HANA上で動作する「ThingWorx IoTプラットフォーム」を提供

PTCジャパンは、SAPソリューションと連携するソフトウェアを設計・開発するパートナーとして、SAP PartnerEdgeプログラムに加入したことを明らかにした。

[TechFactory]

 PTCジャパンは2016年10月13日、米PTCの発表を受け、SAPソリューションと連携するソフトウェアを設計・開発するパートナーとして、SAP PartnerEdgeプログラムに加入したことを明らかにした。同プログラムへの加入により、PTCはSAP HANAプラットフォーム上で動作する「ThingWorx IoTプラットフォーム」の提供が可能となる。

 今後PTCは、実績のある販売チャネルを通じて、ThingWorxプラットフォームの優れたIoT機能を広く提供できるようになる。具体的には、SAPの顧客やパートナー企業に向けて、SAP App Center上でThingWorxの提供を行う他、SAPパートナーとしてSAPPartnerEdge.comのWebサイト上のツールやリソースを利用し、ThingWorxを提供する。

 PTCのIoTテクノロジーポートフォリオの中心に位置付けられているThingWorxは、高速アプリケーション開発プラットフォーム、コネクティビティ、機械学習による異常検知、産業分野でのコネクティビティ、拡張現実(AR)で構成されている。これら機能を組み合わせることで、情報システムや機器などのアセットへの安全な接続、アプリケーションの高速開発を可能にし、新たな価値創造を実現する包括的なIoTテクノロジースタックを提供する。

 SAP PartnerEdgeプログラムへの加入を機に、PTCはSAPパートナーとして、SAP HANAクラウドプラットフォームに代表される主要なテクノロジープラットフォーム上でソフトウェアアプリケーションを構築、販売できるようになる。なお、SAP PartnerEdgeプログラムでは、アプリケーションを効率的に開発できるツール、特典、サポートなどが提供される。また、グローバル契約に基づき、関連する全てのSAPテクノロジーが簡素化されたシングルフレームワークで提供されるという。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.