ニュース
» 2016年10月14日 12時00分 UPDATE

安川情報システム/伊藤忠テクノソリューションズ:インフラから「SAP S/4HANA」の運用サポートまでをトータルに支援

安川情報システムと伊藤忠テクノソリューションズは、SAPジャパンの次世代ERP「SAP S/4HANA」に関し、トータルなクラウドサービスを提供することで協業すると発表した。

[TechFactory]

 安川情報システムと伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は2016年10月4日、SAPジャパンの次世代ERP「SAP S/4HANA」に関し、トータルなクラウドサービスを提供することで協業すると発表した。同日からサービスを展開し、両社で連携して1年間で10社への提供を目指すという。

 基幹系システムの運用支援を目的とした安川情報システムの「グローバルサービスセンター」(以下、GSC)と、CTCが提供する基幹系特化型クラウドサービス「CUVICmc2」を組み合わせて、インフラからSAP S/4HANAの運用サポートまでを提供する。

 GSCサービスとCUVICmc2を組み合わせたことで、顧客はSAP S/4HANAのクラウドでの利用に際し、インフラやアプリケーションへの投資コストを抑制しつつ、システムの運用をアウトソースして主要業務に集中することが可能になるという。

参考:サービス対象別、役割分担 参考:サービス対象別、役割分担(出典:安川情報システム、CTC)

 安川情報システムは、長年培ってきた基幹系システムの構築・運用ノウハウを生かし、2016年4月に、顧客の基幹系システムについてアプリケーションの稼働監視やヘルプデスクを提供するGSCを開設。SAPソフトウェアに関しては、主に製造業向けにSAP ERPの移行や既存システムとの連携サービスも提供しており、SAP認定コンサルタントが顧客のSAP S/4HANA運用をサポートする。

 一方、CTCのCUVICmc2は、SAPソリューションを始めとするミッションクリティカルなシステムに特化したクラウドサービス。パフォーマンスに対する保証、高セキュリティ、実使用量による従量課金を同時に実現しており、オンプレミスの基幹系システムに比べて20〜50%のコスト削減が期待できるとともに、ミッションクリティカルな業務に対応できる堅牢性と安全性が特長である。また、CTCは欧SAP SEのサービスプロバイダー認定「SAP Certified in Hosting Services」と「SAP Certified in Cloud Services」も取得している。

 今後、両社は、アプリケーション運用と併せてCUVICmc2を使用したSAPソリューションを推進し、顧客の競争力強化につながるITシステムを提供していくという。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.