ニュース
» 2016年10月07日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:「デスクトップ仮想化」は設計・解析現場へ何をもたらすのか?

導入メリットを詳しく解説。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『設計・解析現場へのデスクトップ仮想化導入【基礎編】』をご紹介します!

デスクトップ仮想化がCAD、CAE現場にもたらすメリット

デスクトップ仮想化がCAD、CAE現場にもたらすメリット

 一般事務業務を中心に導入が進んできた「デスクトップ仮想化」ですが、現在、設計・解析の現場でも関心が高まっています。

 その背景には、グラフィックス仮想化技術の進歩により、これまでデスクトップ仮想化が苦手としてきた“3次元CADへの対応”を果たしたことが大きく影響しています。

 こうした技術的な進歩に加え、設計・解析の精緻化・効率化を目指したCAD、CAEなどのデジタルエンジニアリングシステム集約化の流れが後押しし、設計・解析現場へのデスクトップ仮想化導入に対する関心が高まってきています。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載された連載記事「CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き」の第1回「デスクトップ仮想化とは?」(掲載日:2016年4月4日)と第2回「デスクトップ仮想化がCAD、CAE現場にもたらすメリット」(掲載日:2016年5月10日)を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.