ニュース
» 2016年10月03日 09時00分 公開

ローランド ディー.ジー. MODELA MDX-50:3次元切削加工機「MDX-40A」の上位モデル登場! ワークエリアが1.6倍に

ローランド ディー.ジー.は、3次元切削加工機「MODELA MDX-40A」の上位モデルである「MODELA MDX-50」を発表。ワークエリアの拡大や自動工具交換装置の搭載など、より実践的なソリューションとして洗練された製品となっている。

[八木沢篤,TechFactory]
3次元切削加工機の新製品「MODELA MDX-50」 3次元切削加工機の新製品「MODELA MDX-50」(出典:ローランド ディー.ジー.)

 ローランド ディー.ジー.は2016年9月28日、3次元切削加工機「MODELA MDX-40A」(2009年発売)の上位モデルである「MODELA MDX-50」を開発し、同年10月5日から販売開始すると世界同時発表した。

 本体の販売価格は128万円(税別)。販売後1年間で500台(国内・海外の合計台数)の販売目標を掲げる。

 従来モデルであるMODELA MDX-40Aは、作業テーブルなどの上にも設置できる中型クラスの切削加工機として2009年に販売を開始。以来、製造業の設計・開発部門での試作品/パーツ製作、生産現場での治具製作、デザイン会社での形状検証、教育機関での教育・研究用途で活用されてきた。その仕上がりの美しさだけでなく、充実した標準付属ソフト、回転軸ユニットや接触式センサーなどのオプション品による拡張性の高さも好評で、世界中に多くのユーザーを抱えているという。

 MODELA MDX-50はその上位モデルに位置付けられ、MODELA MDX-40Aでは補い切れなかったユーザーニーズへの対応、試作品や治具などの製作工程の短縮といった課題を解決できる“より実践的なソリューション”として提供することを目指して開発された。

より実践的なソリューションとして洗練された「MODELA MDX-50」の特長

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.