ニュース
» 2016年09月28日 12時00分 UPDATE

フロスト&サリバン アフリカ自動車市場:アフリカ新車販売台数が2025年までに326万台規模に、製造拠点としても投資拡大

フロスト&サリバンは、アフリカの自動車市場についての見通しを新たにまとめ、最新の分析結果を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 原油や一次産品の価格下落により経済が停滞しているアフリカだが、2025年に向けて自動車市場の成長が大きく期待されているという。

 フロスト&サリバンは2016年9月16日、アフリカの自動車市場についての見通しを新たにまとめ、最新の分析結果を発表した。それによると、アフリカ(アフリカ大陸28カ国を対象)の新車販売台数(乗用車および商用車)は2016年の162万台から、2025年までに326万台規模に成長する見通しだという。

アフリカにおける新車販売台数(乗用車および商用車)予測:2016〜2025年 ※出典:フロスト&サリバン アフリカにおける新車販売台数(乗用車および商用車)予測:2016〜2025年 ※出典:フロスト&サリバン

 2015年における新車市場規模は南アフリカが41.3万台と突出し、その後をエジプト(28万台)、アルジェリア(27万台)、モロッコ(12万台)が追っている。しかし、2021年ごろまで南アフリカは大きな成長が見込まれず、年成長率1〜2%程度の成長にとどまると、フロスト&サリバンは予測。一方、次点グループ(エジプト、アルジェリア、モロッコ)の成長は5〜10%ペースで伸長する可能性があり、中でもエジプト、アルジェリアは大きな伸びが期待されているという。

 さらに、これらの国々の1人当たりGDP(国内総生産)を見てみると、2021年にはアルジェリアが4500米ドル、モロッコやエジプトも4000米ドルを超えてくる見通しで、“乗用車の普及が始まる”とされる2500米ドルのラインを大きく上回っていると、フロスト&サリバンは説明する。

製造業、中でも自動車製造/車両組立がアフリカの有望産業に

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.