ニュース
» 2016年09月21日 10時00分 UPDATE

Texas Instruments:Wi-Fi機能を備えたEV向け充電ステーションのレファレンスデザインを発表

日本テキサス・インスツルメンツは、Wi-Fi機能を付けたEV向け充電ステーションのレファレンスデザインを発表した。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

Wi-Fi機能の追加は「業界初」

EV充電レファレンスデザインの製品イメージ EV充電レファレンスデザインの製品イメージ

 日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は2016年8月、Wi-Fi機能を付けたEV(電気自動車)向け充電ステーションのレファレンスデザインを発表した。家庭、公衆向け充電ステーションに、独自のリモートモニタリング機能や充電制御機能を追加することができる。Wi-Fiコネクティビティの追加は「業界初」という。


 新しいEVが世界的に増加するのに伴い、より多くの充電ステーションの設置が求められている。しかし、EVは充電時間が長いことにより、EV向け充電ステーションを広く展開する上での課題だった。同レファレンスデザインは、家庭内のコンセントと互換性を持つLevel 1 EV充電と、オフィスビルなどで利用される15〜30Aの高電流充電が可能なLevel 2 EV充電の両方をサポートしている。Level 2 EV充電では、所有者がEVから離れている場合、最大8時間で満充電になるとしている。

 また、独自のSimpleLink Wi-Fiワイヤレスマイコンテクノロジーを搭載。充電機能のモニターや制御をあらゆる場所からリモートでできるだけでなく、ホームオートメーションから、最寄りの公衆充電ステーションの検索まで、幅広い使用機会を提供する。

 同社では2016年中に、600V・400Aまで拡張し、充電時間を20〜30分まで短縮可能な、Level 3 EV直流充電器のレファレンスデザインを発表する予定だという。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.