ニュース
» 2016年09月13日 10時00分 UPDATE

イオンモール 導入事例:100台のPepperが「コンシェルジュ」として稼働

ショッピングセンター「イオンモール」へのPepper導入台数が100台を突破した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 ショッピングセンター「イオンモール」へのPepper導入台数が100台を突破した。

 イオンモールではPepperの法人モデル「Pepper for Biz」を2015年12月より試験導入していたが、2016年9月に本格運用を開始。10台を試験運用していたイオンモール幕張新都心の他、新たに30店舗へ90台を導入し、合計100台のPepperが運用されることとなった。

 新たに導入されたPepperはイオンモールの開発した独自の接客アプリケーションを搭載。各モールのWebサイトと連動しての店舗情報紹介や、ジェスチャーを交えての施設案内などを行う。一部アプリケーションについて日英の2カ国語対応となっている。

イオンモールで接客するPepper イオンモールで接客するPepper

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.