特集
» 2016年09月13日 09時00分 UPDATE

4m Robot PROJECT:オヤジたちが熱中! 大阪の町工場の集大成「4mロボット」大地に立つ (1/3)

「大きなロボットを作りたい!」「巨大ロボットに乗って操縦したい」。そんな、オトコの子たちの夢を大阪の町工場発の4mロボットプロジェクトが実現した。

[三月兎,TechFactory]

搭乗型二足歩行ロボットは、オトコの子の夢!

 ここ十数年の技術革新により、電子部品の小型化が急速に進んだ。私たちの身の回りにある家電製品はどんどん小さく軽くなっている。ロボットの世界でも「マイクロロボット」と呼ばれる超小型ロボットのジャンルが確立され、人の体内に入り込み検査を行う医療ロボットの開発も進んでいるほどだ。

 そんな小型・軽量化の流れを逆行するかのように、身長4mの搭乗型二足歩行ロボットを製作するプロジェクトが大阪にある。同プロジェクトでロボットの設計・開発を担当する坂本元さんは言う「夢は『ガンダム』を作ること。(人が乗れるほど)大きくないと意味がない!!」。

「夢はガンダム!」 図1 「夢はガンダムを作ること!」。中学生のころから作りたかった搭乗型二足歩行ロボットを実現した坂本元さん

オヤジが熱中! 町工場が本気で作ったロボット

 2016年8月21日、「西淀川ものづくりまつり 2016」で、4mの搭乗型二足歩行ロボット「はじめロボット43号機」のお披露目が行われた。4mロボットの開発スタートは2010年。西淀川にある町工場で、本業の傍らで6年かけてコツコツと製作が進められてきた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.