ニュース
» 2016年09月05日 09時00分 公開

IDC Japan 国内エッジコンピューティング市場:IoTで重要性が増しているエッジコンピューティング

IDC Japanは、「国内エッジコンピューティング市場」の分析結果を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

国内エッジコンピューティング市場動向

 IT専門調査会社のIDC Japanは2016年9月2日、「国内エッジコンピューティング市場」の分析結果を発表した。

 広域に分散したモノや人をICTで連携させ、社会やビジネスの効率化や価値創造に役立てるためには、IoT(Internet of Things)デバイスと、IoTデバイスから遠く離れたクラウドコンピューティングだけでは不十分で、IoTデバイスの近くでコンピューティング処理を行う「エッジコンピューティング」が必要であるという認識が広まりつつある。


エッジコンピューティングは、将来、データ流通基盤に発展

 エッジコンピューティングは、中央のサーバに対し、ネットワークのエッジ(末端)側のユーザーに近いところでコンピューティング処理を行う。これによりネットワークコストを抑え、レスポンスのリアルタイム性を高めることが可能となる。エッジコンピューティングはこれまでも、Webパフォーマンスの向上を目的とするCDN(Content Delivery Network)などで広く利用されてきたが、IoTにおいてその重要性に再び注目が集まっている。

 IDCは、「IoT時代においてエッジコンピューティングは、クラウドコンピューティングと並んで重要なものになる」と予測する。今回、国内ベンダーのエッジコンピューティングへの取り組みについて広く調査。その結果、IoTで利用されるエッジコンピューティングの特徴として次の点が明らかとなった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.