ニュース
» 2016年08月23日 09時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:自動車業界も注目「樹脂金型」による金属プレス加工技術

金属をプレス加工するには金属の金型が必要。この常識は過去のもになるかもしれません。ある自動車メーカーも本格的な検証を開始した、樹脂型による金属プレス加工技術「デジタルモールド・プレス」を紹介します。

[TechFactory]

 モノづくりスペシャリストのための情報ポータル「MONOist」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『3Dプリンタ製“樹脂金型”による金属プレス加工技術』をご紹介します。

樹脂金型で金属をプレスする、注目の技法

「デジタルモールド・プレス」に用いられる樹脂製金型とプレス成形品 「デジタルモールド・プレス」に用いられる樹脂製金型とプレス成形品

 ストラタシスのPolyJet 3Dプリンティング材料である「デジタルABS樹脂」を用いた、樹脂型による金属プレス加工技術が「デジタルモールド・プレス」です。これは、3Dプリンタで造形した樹脂製金型を、射出成形やプレス、メタルインジェクションへと応用して、量産材料を用いた試作部品の製作や、小ロット部品の製造を実現します。

 金型を金属ではなく樹脂で造形することのメリットは想像しやすいですが、果たして実用に耐えるものでしょうか。想像通りに金属金型より短時間で製作できるか、はたまた、(小ロットであるとしても)金属部品の形成に耐えるだけの剛性を保ち続けることができるのか、品質の保持は可能なのかなど興味は尽きません。

 「オートモーティブワールド2016」(2016年1月13〜15日、東京ビッグサイト)では豊通マシナリーがこのデジタルモールドプレスについての展示を行い、その詳細を説明しています。既に8000ショットの実績を持ち(取材時)、ある自動車メーカーでは本格的な検証も開始したという新手法について解説します。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、MONOistで掲載された特集記事「3Dプリンタ製の樹脂金型が自動車製造を革新!? ハイテン材のプレス加工も」(掲載日:2016年1月15日)を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.