ニュース
» 2016年08月02日 15時00分 UPDATE

村田製作所 LQP01HQ:実装面積を約2分の1に低減した0201サイズのインダクター

村田製作所は、0201サイズ(0.25×0.125mm)のインダクター「LQP01HQ」シリーズを発表した。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

インダクタンス0.3〜2.7nHをラインアップ

LQP01HQシリーズの外観 LQP01HQシリーズの外観

 村田製作所は2016年6月、0201サイズ(0.25×0.125mm)のインダクター「LQP01HQ」シリーズを発表した。主に、スマートフォンや移動体通信機器向け高周波モジュール、W-LAN、Bluetoothなどの各種無線モジュール、ウェアラブル機器向けという。

 LQP01HQシリーズは、0402サイズ(0.4×0.2mm)の従来製品「LQP02TN」シリーズに比べ、実装面積を約2分の1に低減。LQP02TNシリーズより小型で、同等のQ特性を備えた。

 量産開始は2016年8月からで、サンプル価格は5円。インダクタンス0.3〜2.7nHまで25種の製品をそろえ、2016年末にかけて10nHまで拡充する予定としている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.