ニュース
» 2016年08月01日 09時00分 UPDATE

2020年に189億ドル規模へ:“Internet of Medical Things”の成長を促す医療用ウェアラブルデバイス

フロスト&サリバンは、一般消費者向けの“健康管理用ウェアラブルデバイス”と、“医療・臨床グレードウェアラブルデバイス”を対象にしたリサーチ分析「医療用ウェアラブルデバイスの戦略分析」を実施。その概要を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
“Internet of Medical Things”の成長を促す医療用ウェアラブルデバイス

 ウェアラブルデバイス市場は、「スマートバンド」に代表される活動量計や睡眠計などの機能を持つ、一般消費者向け健康管理用ウェアラブルデバイスが市場をけん引し続けている。

 矢野経済研究所の調べによると、2015年のスマートバンド市場規模(メーカー出荷台数ベース)は4637万台といわれ、スマートウォッチやスマートグラスといった他のウェアラブルデバイスの中で最も出荷台数を伸ばしている。特に、米国での米国医療保険制度改革法(オバマケア)による需要増と、中国大手スマートフォンメーカーが発売した低価格スマートバンドの普及が、2015年のスマートバンド市場の成長に寄与しているという。

 一方、専門機関などの認可・認証を受けた医療・臨床グレードウェアラブルデバイスの進化は、医療ケアのサービス提供モデル(場所や時間に縛られないサービスなど)を変革し、新たな商用ソリューションの誕生や需要の高まりに伴い、同市場の大きな成長が予測される。そして、同時にこうしたウェアラブル技術の進化が、今後の医療分野におけるIoT「Internet of Medical Things(IoMT)」の成長をけん引していくものと期待されている。

 市場調査やコンサルティングなどを手掛けるフロスト&サリバンは、一般消費者向けの“健康管理用ウェアラブルデバイス”と、“医療・臨床グレードウェアラブルデバイス”を対象にしたリサーチ分析「医療用ウェアラブルデバイスの戦略分析」を実施。その概要を2016年7月21日に発表した。

医療用ウェアラブルデバイス市場の推移と予測

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.