ニュース
» 2016年07月25日 12時00分 UPDATE

セイコーNPC SM3473A/SM3473B:消費電流を従来品比10分の1に低減した磁気エンコーダー用逓倍IC

セイコーNPCは、エンコーダー用逓倍IC「SM3473A/SM3473B」の量産出荷開始を発表した。

[TechFactory]
SM3473A 磁気エンコーダー用逓倍IC「SM3473A」(出典:セイコーNPC)

 セイコーNPCは2016年7月20日、最大32逓倍まで可能な従来品「SM3470BB」(量産中)の技術を進化させ、機能設定方法の簡素化と低消費電流化を実現したエンコーダー用逓倍IC「SM3473A/SM3473B」の量産出荷開始を発表した。

 アナログ増幅器を内蔵し、カメラレンズ向けなど出力の振幅が小さい磁気エンコーダーに最適だという。

 入力周波数は50kHzまで対応し、逓倍数は×1、×2、×4、×8、×16から選択可能。消費電流は従来品のSM3470BBと比較して約10分の1に抑えられており、測定器など小型・低消費電力が必要なバッテリー駆動機器に適しているという。

 ユーザーは目的や用途に合わせて、高機能のSM3470BBと、低消費電流のSM3473A/SM3473Bを選択できる。

 SM3473A/SM3473Bは現在量産中で、量産出荷数量は月10万個を予定する。

 主な特長は以下の通りである。

逓倍数切換機能 1、2、4、8、16から選択可能
 A version:1、2、4、8
 B version:2、4、8、16
入力周波数 50kHz(Max)
電源電圧 3.0〜5.5V
消費電流 2.6mA(VDD=5V)、1.0mA(VDD=3.3V)
入力信号振幅 33〜600mVpp(VDD=5V)
アナログ信号利得 5〜30倍(21step)
動作温度範囲 −20〜85℃
パッケージ QFN16pin(サイズ:3×3mm)
用途 カメラ用レンズ、測定器、産業用ロボット
表1 SM3473A/SM3473Bの主な特長


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.