Special
» 2016年08月01日 10時00分 UPDATE

ブラシレス直流モーターを手早く駆動するには

車載モーターを利用するアプリケーションはさまざまだ。用途によって求められる要件が異なる。負荷が変動せず、定速で回転させたい。なるべく発熱を避けたい。さらには開発工数を減らしたい。それぞれの目的に最適な駆動回路は、どのようなものだろうか。

[PR/TechFactory]
PR

 車載モーターのトレンドは、「ブラシレス直流(BLDC)モーター」にある。エンジンのパワーを利用するベルトドライブアプリケーションはエンジン停止時に利用できないが、DCモーターなら可能だ。

 アイドリングストップ対応策ということであれば、モーターのBLDC化を推進しやすい。ブラシ付き直流モーターと比較すると、BLDCモーターは効率が良く、燃費向上に貢献でき、信頼性も高い。

 車載モーターを利用するアプリケーションは数多い。暖房・換気・空調(HVAC)をはじめとするファンや各種ポンプ。これらを動かす車載モーターは、車両1台当たり100個前後にも及ぶ(図1)。そのため、なるべく軽く、小さな電子部品を用いて車載モーターを制御・駆動したい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:オン・セミコンダクター株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2016年9月30日