ニュース
» 2016年07月21日 09時00分 UPDATE

IDC Japan 国内タブレットソリューション動向調査:今注目している技術は? 企業の「モバイル」に対する関心は依然として高い

IDC Japanは「国内タブレットソリューションに関するユーザー動向調査」を実施。企業が「今注目している技術」を聞いたところ「モバイル」を挙げる回答者が最も多く見られたという。

[八木沢篤,TechFactory]

 今注目している技術は「モバイル」。次は「IoT(Internet of Things)」「クラウド」――。

 IT専門調査会社のIDC Japanが実施した「国内タブレットソリューションに関するユーザー動向調査」によると、企業が「今注目している技術」として“モバイル”を挙げる回答者が最も多く見られたという。

 現在、タブレット端末の法人需要は一巡し、市場に閉塞(へいそく)感があるものの、企業のモバイルに対する関心が依然として高いことがこの調査から分かった。

 そして「今注目している技術」の第2位は、大企業(従業員数500人以上)と中小企業(同500人未満)で異なり、大企業では“IoT”が、中小企業では“クラウド”が選ばれている。

タブレット端末の業務利用、製造と建設が市場をけん引

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.