ニュース
» 2016年07月20日 10時00分 UPDATE

エン・ジャパン 転職とお金:転職検討理由のトップ3は「給与」「仕事内容」「残業・休日数」

エン・ジャパンが運営する転職支援サービス「エン転職」は、「転職とお金」についてのアンケート調査を実施。2016年6月にその結果を発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 エン・ジャパンが運営する転職支援サービス「エン転職」は、「転職とお金」についてのアンケート調査を実施。2016年6月にその結果を発表した。

 調査対象は20〜50代の同サイトユーザー。そのうち9320人から回答を得た。

 まず、転職を検討する理由を尋ねたところ、理由のトップ3に「給与」(61%)、「仕事内容」(49%)、「残業・休日数」(30%)が挙がった。

photo

給与交渉経験「なし」の人は、諦めの気持ちも

 次に、転職の検討理由として「給与」を挙げた人に、転職を検討する前に会社や上司に相談・交渉をしたことがあるかを質問。その結果、「ある」と回答したのは全体の20%で、少数派であることが分かった。

photo

 給与交渉をしたことが「ある」と回答した人からは、「少額でもいいので頑張った分ボーナスが欲しいと言ったことがある」「業績を上げた時などに相談した」といったコメントが寄せられた。建設的な話になるよう交渉している様子がうかがえる。

 一方、80%と多くを占めた、給与の交渉をしたことが「ない」人のコメントからは、制度的に難しいから無理、あるいは「相談しても意味がない」「言ってもムダ」というような諦めの気持ちがうかがわれた。また、同僚や先輩への気兼ねを含め、交渉後にとどまった時の気まずさを懸念する意見も見られた。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.