ニュース
» 2016年07月19日 10時00分 UPDATE

三菱マテリアル:インダストリー4.0に対応した切削工具の3次元CADデータ提供

三菱マテリアルは、国内外のユーザーへ効率的に技術情報を提示するため、インダストリー4.0に対応した切削工具の3次元CADデータの提供を開始した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 三菱マテリアルは2016年6月、国内外のユーザーへ効率的に技術情報を提示するため、インダストリー4.0に対応した切削工具の3次元CADデータの提供を開始した。

 ドイツ政府が推進するインダストリー4.0では、製造現場の最適化に向け、IoT(モノのインターネット)などの情報技術を活用し、あらゆる領域でネットワーク化が必要となっている。そのため、共有データの標準化が重要とされ、切削工具のデータについても、インダストリー4.0に対応した国際規格「ISO13399」および「GTC(Generic Tool Catalog)」に準拠したデータの提供が求められている。

 今回同社では、カタログに掲載する標準品の切削工具を対象に、これらの規格に準拠した3次元CADデータを公開する。データは、切削加工のソリューションを提供するスイスのMachiningCloudのウェブサイトを通じて入手できる。ユーザーは、マシニングセンターやCNC旋盤で切削加工をする前に、ダウンロードした3次元CADデータで切削シミュレーションを行い、高精度な動作確認や加工プログラムの作成が可能になるという。

 また、MachiningCloudは、ISO13399やGTCで定義された組み合わせ情報を使って、自動的に必要部材を組み合わせる機能を備えている。これによりユーザーは、シミュレーションに必要な切削工具の3次元CADデータの各パーツを簡単に組み合わせることができる。さらに、同ウェブサイトでは、PCやタブレット端末で切削工具製品名を選択すると、何万種類もの切削工具のCADデータを無償で入手できる。

取り付け後取り付け前 (左)WSX正面フライス インサート取り付け後/(右)取り付け前


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.