Special
» 2016年07月13日 11時00分 UPDATE

テストシステムも“スマート化”へ:IoT時代の計測システムには、パラダイムシフトが必要だ

IoT(モノのインターネット)機器の台頭により、自動テストシステムに大きな変化が訪れている。テスト要件が多岐にわたるからだ。こうした要件を満たすテストシステムを構築するには、「ベンダーが提供するターンキーソリューションを使う」というこれまでの“常識”を、打ち破る必要がある。

[PR/TechFactory]
PR

 計測器ベンダーが新製品を開発し、それを“完成されたソリューション”として販売する――。このように、いわゆるターンキーソリューションを販売することは、計測器業界の一般的なビジネス形態である。ユーザーのニーズを最も理解しているのは計測器ベンダーであり、ベンダーが開発した新製品には、当然、ユーザーが必要とする機能が搭載されているだろうという“暗黙の了解”があるのだ。

 ところが、計測器業界におけるターンキーソリューションビジネスが今、大きく変わろうとしている。ユーザーがカスタマイズできる柔軟なテストシステムの必要性が、にわかに高まってきたのだ。その変化にいち早く気付き、業界にとってはある意味“常識破り”の計測器を数年前に既に提供している計測器メーカーがある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2016年9月12日