連載
» 2016年07月12日 12時00分 UPDATE

CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き(4):デスクトップ仮想化「導入までの流れとポイント」【後編】 (1/3)

設計・解析の現場でも、デスクトップ仮想化の一方式であるVDIに対する関心が高まっている。連載「CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き」では、VDIの基礎解説や導入メリット、運用ポイントなどを分かりやすく解説していく。第4回は前回の続きとして、実装方針の策定と検討の最終確認作業となる導入前検証について取り上げる。

[伊藤忠テクノソリューションズ エクゼクティブエンジニア 井出貴臣,TechFactory]

はじめに

 前回お届けした【前編】では、導入前検討での3つのポイントのうち2つを紹介した。今回は残りの1つとなる“実装方針の策定”を紹介する。さらに、検討の最終確認作業となる“導入前検証”についても説明しよう。

» 連載バックナンバー

3つ目のポイント:設計環境への導入では一番重要! 実装方針を決めよう

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.