ニュース
» 2016年07月12日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:次世代へ向かう産業用IoT向けイーサネット

「IEEE 802.1 TSN(Time Sensitive Networking)」の概要を解説。

[TechFactory]

 世界のエレクトロニクス技術の最新動向を発信する「EE Times Japan」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『産業用IoT向け“次世代イーサネット規格”とは?』をご紹介します!

産業用IoT向けイーサネットは次世代へ

産業用IoT向けイーサネットは次世代へ

 IoT(モノのインターネット)への取り組みは、産業分野でも積極的に行われつつあります。そうした中、産業用のIoT向けネットワーク規格として標準化が進められているのが、「IEEE 802.1 TSN(Time Sensitive Networking)」(以下、TSN)です。

 TSNは、車載向けにも使用されているEthernet AVB(IEEE802.1 Audio/Video Bridging)を拡張したもので、10Gビット/秒の帯域幅や、1マイクロ秒以下の低遅延の実現を目指しています。

 本ブックレットでは、日本ナショナルインスツルメンツが開催した説明会「NIトレンドウォッチ2016」の内容を基に、TSNの概要を解説します。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、EE Times Japanで掲載された特集記事「産業用IoT向けイーサネットは次世代へ」(掲載期間:2016年2月2日)を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.