ニュース
» 2016年07月12日 10時00分 UPDATE

ダッソー DELMIA Apriso:LIXILが製造実行システムにダッソー・システムズのMESを採用

新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は、LIXILに対してダッソー・システムズの「DELMIA Apriso」を導入したことを発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は2016年6月、LIXILが製造現場で製造管理などを行うための製造実行システム(MES)として、ダッソー・システムズの「DELMIA Apriso」を導入し、稼働を開始したことを発表した。


 LIXILは、建材・設備機器メーカー5社が経営統合して発足し、窓サッシや衛生陶器、キッチンなどをグローバルに提供している。これまで、統合前の各社が個別に構築した業務システム群を運用していたが、システムの複雑化・重複化に伴い、運用・保守コスト増などの課題が生じていたという。

 同社は、各社別のホストや商材別のシステム、工場別の機能を統合するため、2014年から統合生産管理システムの導入を検討してきた。同システムでは、基幹業務を実績層/計画層/実行層/設備制御層に区分し、その実行層を担うMESとして、ダッソー・システムズのDELMIA Aprisoを採用した。導入にあたっては、製造業の業務知見やAprisoの導入実績を評価し、NSSOLに支援を依頼した。

photo

 NSSOLでは、全社的な業務の標準化と生産現場の要望とのバランスを取りつつ、最初の生産拠点への導入プロジェクトを進め、24時間365日稼働するシステムを2015年7月に稼働させた。稼働したMESは、現場状況をリアルタイムで把握し、最短で分・秒単位の作業指示を可能にするなど、業務高度化の基盤として運用されているという。

 導入プロジェクトは現在も継続中で、MESについては、実績層のERP(統合基幹業務システム)などと合わせて、今後海外を含む40拠点で稼働させる予定だ。同システムが完成すれば、従来は商材ごとに異なっていた業務が、見込み生産/受注組み立て生産/受注生産/受注設計生産などの基本的な生産形態をベースに標準化され、システム運用/保守コストの削減が期待できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.