ニュース
» 2016年07月08日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:漁師の経験と勘を可視化するIoT環境モニタリングの可能性

沖縄もずく養殖の失敗を防ぎ、ノウハウ伝承に役立てる。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『沖縄もずく養殖の課題をIoTによる環境モニタリングで解決!?』をご紹介します!

沖縄漁師の経験と勘を未来へつなぐIoT環境モニタリング

沖縄漁師の経験と勘を未来へつなぐIoT環境モニタリング

 沖縄もずく養殖の環境モニタリングに関する“世界初”をうたう実証実験が、沖縄県南城(なんじょう)市にある「志喜屋(しきや)漁港」で開始された。

 環境モニタリングには、IoT(Internet of Things)技術が用いられ、もずく生育に影響を与える環境データの収集・活用、そしてベテラン漁師の経験や勘といった暗黙知とのひも付けを行うことで、ノウハウの継承に役立てようとしている。

 本ブックレットでは、こうした取り組みの概要とともに、「海」を対象とした環境モニタリングの難しさや、運用・管理体制の課題についても触れる。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで掲載された連載記事「沖縄モノづくり新時代」の第2回「沖縄漁師の経験と勘を未来へつなぐ、IoTによる環境モニタリングが秘めた可能性」(掲載期間:2016年5月13日)を基に制作しています。

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー:

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー

IoT関連情報をまとめてチェック:

IoT Watch

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)にまつわる業界・企業動向、技術トレンド、IoT活用ソリューション、IoT構築支援サービスなどの情報をまとめてお届けします(特集ページはこちら)。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.