ニュース
» 2016年06月29日 15時00分 UPDATE

AVALDATA ABA−001IR:InGaAsセンサーを用いた近赤外線カメラ

アバールデータは、検出波長帯950〜1700nmのInGaAs(インジウムガリウムヒ素)センサーを使用した近赤外線カメラ「ABA−001IR」を発売した。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

1マイクロ秒〜10ミリ秒までの露光制御設定

短波長赤外SWIRカメラ「ABA−001IR」 短波長赤外SWIRカメラ「ABA−001IR」

 アバールデータは2016年6月、検出波長帯950〜1700nmのInGaAs(インジウムガリウムヒ素)センサーを使用した近赤外線カメラ「ABA−001IR」を発売した。インタフェースは、用途に合わせてGigabit Ethernet/Camera Linkの2つから選択できる。

 ABA−001IRは、320×256画素のQVGA解像度と、ピクセルサイズ20μm、950〜1700nmに感度を持つInGaAsセンサーを採用した短波長赤外SWIRカメラである。近赤外線は、物質への吸収が小さく、吸収の度合いの変化で成分を算出できるため、非破壊/非接触での測定や検査ができるという。

 露光制御は、1マイクロ秒〜10ミリ秒まで1マイクロ秒単位で設定できる。外部トリガー信号により、任意での露光制御を可能にした。映像出力ビットは、8、10、12、14ビット出力から切り替えが可能で、動作温度/湿度は0〜40℃/20〜80%。画素欠陥補正、内部冷却、シェーディング補正、ルックアップテーブル機能なども搭載した。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.