ニュース
» 2016年06月28日 12時00分 UPDATE

サードウェーブデジノス RS1221-4KL/TS1221-WKL:CAEで高性能を発揮するインテル次世代Xeon Phi「Knights Landing」搭載モデル

サードウェーブデジノスは、HPC向け並列コンピューティング用プロセッサであるIntel Xeon Phiの次世代製品「Knights Landing」を搭載したラックマウントサーバおよびタワー型ワークステーションを発表した。

[TechFactory]
インテル次世代Xeon Phi「Knights Landing」搭載のタワー型ワークステーション「TS1221-WKL」 インテル次世代Xeon Phi「Knights Landing」搭載のタワー型ワークステーション「TS1221-WKL」(出典:サードウェーブデジノス)

 サードウェーブデジノスは2016年6月21日、HPC向け並列コンピューティング用プロセッサであるIntel Xeon Phiの次世代製品「Knights Landing」を採用したラックマウントサーバおよびタワー型ワークステーションの2機種を発表した。

 Knights Landingは、最大コア数を従来までの61コアから72コアに増強し、最大2.5倍の浮動小数点演算性能を実現。搭載可能メモリも従来の最大16GBから最大400GBへ増加し、帯域幅も最大181GB/sから最大460GB/sへと大幅に向上している。

 今回、サードウェーブデジノスは最新プロセッサ(Knights Landing)を搭載した2U4ノードのラックマウントサーバ「RS1221-4KL」と、タワー型ワークステーション「TS1221-WKL」を発表。両製品は、HPC、ビッグデータ解析、ディープラーニング、シミュレーション、CAEなどのアプリケーションで高い性能を発揮するとしている。

インテル次世代Xeon Phi「Knights Landing」搭載の2U4ノードのラックマウントサーバ「RS1221-4KL」 インテル次世代Xeon Phi「Knights Landing」搭載の2U4ノードのラックマウントサーバ「RS1221-4KL」
RS1221-4KL TS1221-WKL
CPU インテル Xeon Phi processor 7200 Series/7200F Series インテル Xeon Phi processor 7200 Series/7200F Series
マザーボード インテル C610 チップセット搭載マザーボード インテル C610 チップセット搭載マザーボード
メインメモリ DDR4 ECC Registered 最大384GB 全6スロット(1ノード当たり) DDR4 ECC Registered 最大384GB 全6スロット
グラフィックス ASPEED AST2400 ASPEED AST2400
ストレージ SSD:4× 2.5インチ NVMe(うち2ベイはNVMe対応)(1ノード当たり) HDD:2× 3.5インチ or 2.5インチ
LAN 2×GbE 2×GbE
ケース 2Uラックマウント(448×750×86mm) ミドルタワー(200×560×430mm)
電源 1200W冗長化 600W シングル
OS プリインストールなし プリインストールなし
表1 主な製品仕様


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.