ニュース
» 2016年06月21日 10時00分 UPDATE

アンドール/アリエル:中小製造業向けに3D化技術をワンストップ提供する「3Dデータセンター」サービス

アンドールとアリエルは、3Dモデルデータ作成から3D造形サービスまで、3次元化技術をワンストップで提供する「3Dデータセンター」サービスの提供を開始した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 2D/3D CADソフトウェアを開発するアンドールと3Dプリンタによる試作品製作を手掛けるアリエルが業務提携を結び、3Dモデルデータ作成から3D造形サービスまで、3次元化技術をワンストップで提供する「3Dデータセンター」サービスを開始すると2016年5月16日に発表した。

 両社が共同運営する3Dデータセンターは、自社で3Dデータを作成する手段を持たない中小規模の製造系企業に代わって、手書きや平面の設計図面、現物、写真などをもとにして3Dデータを作成する。


 3Dプリンタに詳しい技術者が設計要件を定義して3Dプリンタの特性を考慮した3Dデータを作成することで、造形トラブルをなくして精度の高い造形物を完成させるという。

 同サービスを利用することにより、これまで3Dプリンタの導入費用や3D技術に精通したエンジニアの確保が課題となっていた中小規模の企業でも、製造現場のラピッド・プロトタイピングが可能になるとしている。

 また、SOBAプロジェクトのWeb会議システム「SOBA mieruka」を利用することで、遠隔地からでも3Dデータを360度回転させながら双方向でリアルタイムに形状を確認できる。

 3Dデータが完成したらアリエルが運営する「3D造形センター」にデータを引き継ぎ、試作品を造形する流れとなる。

 今後、3D地形図のデータ編集やフルカラー3Dプリンタでの造形といったサービスも追加する計画。製造業だけでなく、土木建築業や自治体などのニーズにも対応できるようにサービス内容を強化していく方針を打ち出している。

photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.