ニュース
» 2016年06月10日 12時00分 UPDATE

STMicroelectronics VL53L0X:測定距離2m/測距時間30ms未満、ToF方式の高精度距離センサー

STマイクロエレクトロニクスは、ToF(Time of Flight)方式に基づいたFlightSense技術を採用する第2世代の距離センサー「VL53L0X」を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
FlightSense技術を採用した第2世代距離センサー「VL53L0X」 FlightSense技術を採用した第2世代距離センサー「VL53L0X」(出典:STマイクロエレクトロニクス)

 STマイクロエレクトロニクスは2016年6月、ToF(Time of Flight)方式に基づいたFlightSense技術を採用する第2世代の距離センサー「VL53L0X」を発表した。

 VL53L0Xは、業界最小クラスの2.4×4.4×1mmサイズで、測定距離が2m、誤差±3%以内という高精度測定を特長とする。さらに測距時間が30ms未満に短縮され、電力効率にも優れているとしている(アクティブ測距モード時の消費電力:20mW、スタンバイ電流:5μA)。

 対象アプリケーションは、NUI(Natural User Interface)におけるジェスチャー検知機能、ロボット掃除機などのロボット向け各種検知機能(接近検知、壁検知、崖検知、衝突回避機能)、生活家電や洗面用品・設備(水栓、ソープディスペンサ、ハンドドライヤー、水洗機能など)のハンズフリー操作などが考えられる。また、ノートPCやモニターの自動電源オン/オフのための人検知や、ドローン、IoT機器などにも適しているという。

ミリメートル単位での高精度測距が可能

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.