ニュース
» 2016年06月08日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:WebブラウザベースのUIがカーナビをより魅力的なものにする

Webブラウザ「Opera」で知られるOpera Softwareに聞いた。

[TechFactory]

 モノづくりスペシャリストのための情報ポータル「MONOist」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『カーナビのUIは、Webブラウザベースにすることでより魅力的なものになる?』をご紹介します!

クルマで「Opera」? カーナビのUIがWebブラウザベースになる

クルマで「Opera」? カーナビのUIがWebブラウザベースになる

 ハードウェアの性能そのもので差をつけるのが難しいカーナビゲーションシステム(カーナビ)をはじめとする車載情報機器。そのため、差別化の最大要因になるといわれているのが、ユーザーインタフェース(UI)です。

 この車載情報機器のUIを、全てWebブラウザベースで実現できると意気込むのが、Webブラウザ「Opera」で知られるOpera Softwareです。

 携帯電話機用の組み込み機器向けWebブラウザの提供に始まり、ゲーム機、STB、スマートTVなどへ採用を拡大してきたOperaですが、今後は車載情報機器にもOperaの採用を広げていきたいといいます。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、MONOistで掲載されたレポート記事「クルマで『Opera』? カーナビのUIがWebブラウザベースになる」(掲載期間:2012年6月29日)を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.