ニュース
» 2016年06月06日 12時00分 UPDATE

PTCジャパン Creo:ボトムアップ設計からトップダウン設計へ、EIZOが新開発プロセスの採用で革新

PTCジャパンは、EIZOが特定用途向けモニターの設計開発に3次元CAD「PTC Creo」と、3次元設計オプション「PTC Creo Advanced Assembly Extension」を採用したことを発表した。

[TechFactory]

 PTCジャパンは2016年6月3日、EIZOが特定用途向けモニターの設計開発に3次元CAD「PTC Creo」と、3次元設計オプション「PTC Creo Advanced Assembly Extension」を採用したことを発表した。

 映像表示システムを開発・製造・販売するEIZOでは、3次元CAD業務やCG制作、医療用画像表示(CT、MRIなど)、航空管制といった分野で使用される、特定用途向けの高性能モニターなどを手掛けている。


Creo導入で外装デザインの向上と後工程作業の削減を実現

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.