特集
» 2016年05月27日 09時00分 UPDATE

IT導入完全ガイド:大予想! 2020年、統合運用管理はどうなっている!?

今後、ビッグデータやAI、IoTといった先端技術を取り入れた統合運用管理製品が続々と登場し、システム運用のさらなる効率化や自動化、品質向上がなされるだろう。そんなシステム運用管理の未来の姿を想像してみよう。

[提供:キーマンズネット編集部,TechFactory]
キーマンズネット

 ビッグデータやAI、IoTといった新技術が企業ITのさまざまな分野で応用され始めているが、システム運用管理の分野も例外ではない。早くもこれらの新技術を統合運用管理製品に取り入れ、システム運用のさらなる効率化や自動化、品質向上に役立てようという試みが始まっている。これらが実現された暁には、現在のシステム運用管理はどのような形に姿を変えるのだろうか? 今後続々と実用化されるであろう先端技術を取り入れた統合運用管理製品の未来予想図を描いてみる。

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー:

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー

IoT関連情報をまとめてチェック:

IoT Watch

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)にまつわる業界・企業動向、技術トレンド、IoT活用ソリューション、IoT構築支援サービスなどの情報をまとめてお届けします(特集ページはこちら)。



仮想化・クラウドの普及により新たに持ち上がった課題とニーズ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.