ニュース
» 2016年05月24日 09時00分 UPDATE

ネットアップ NetApp FAS:日立建機、3次元CADを稼働させるVDI環境にオールフラッシュ構成のストレージシステムを採用

ネットアップは、日立建機が3次元CADを稼働させる仮想デスクトップ(VDI)環境に、オールフラッシュ構成のNetApp FASシステムを採用したと発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
日立建機 イメージ:日立建機のホイールローダー(出典:日立建機)

 ネットアップは2016年5月17日、日立建機が3次元CADを稼働させる仮想デスクトップ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)環境に、オールフラッシュ構成のNetApp FASシステムを採用したと発表した。

 これまで、日立建機はパワーショベル、ダンプトラック、ホイールローダー、クレーンといった建設機械などの製品設計・解析のためのエンジニアリング端末として、3次元CAD向けの約400台の端末を含め、合計500台以上のクライアント環境を運用していた。しかし、製品ラインアップの多様化、設計スタッフの拡充、大型ワークステーションによる設置スペースの増大や、スタッフ拡充に伴うクライアント端末の管理工数の増加、端末の稼働率の低下といった多くの課題を抱えており、これらの解決が急務であったという。


 こうした課題の解決に向けて日立建機では、機密性の高い設計データを保護するためのセキュリティ対策やWindows XPのサポート終了、そして仮想GPU(vGPU)の進化なども考慮し、3次元CADを稼働させるVDIの導入を決定。さまざまなストレージ製品と比較・検討した結果、VDI環境での運用実績やマルチプロトコルへの対応、導入コストなどを総合的に判断し、SSDのみを搭載したオールフラッシュ構成のNetApp FASシステムを採用するに至った。

日立建機の要件を満たす、オールフラッシュ構成のNetApp FASシステム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.