ニュース
» 2016年05月20日 12時00分 UPDATE

矢野経済研究所 ウェアラブルデバイス市場:2020年、スマートウォッチは「ポスト・スマホ」の地位を確立 (1/2)

これから先、ウェアラブルデバイス市場はどのように成長していくのだろうか? 矢野経済研究所が発表したウェアラブルデバイス市場に関する調査結果の内容を基に、2015年の実績、2016年の見通し、そして2020年の将来予測について見ていこう。

[八木沢篤,TechFactory]
ウェアラブルデバイス市場 「Apple Watch」(出典:Apple)

 iPhoneと連携できるスマートウォッチ「Apple Watch」が発売されてから約1年が経過した。それ以前にもAndroid搭載スマートフォンと連携可能な「Android Wear」が市場に流通していたが、アップルが満を持して投入したApple Watchは発売当時、多くのメディアにも取り上げられ、広く一般にスマートウォッチ、身体に装着するデバイス=ウェアラブルデバイスという存在を身近なものにした。

 従来の腕時計と比較した場合、“バッテリーの持ち(駆動時間)”や“耐用年数”などの課題もあるが、スマートフォンの通知を表示したり、スマートフォンの機能やアプリを呼び出したりなど、スマートフォンと連携した新たな利用シーンが生まれ、業務での利用についてもさまざまな研究開発、実証実験が行われている。

実証実験の例 実証実験の例。日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は、2014年7月にiBeaconとスマートウォッチを活用した実証実験を行った。iBeaconを活用したスタッフの位置情報の検出や所在位置の表示、配置指示などのメッセージをスマートウォッチに配信するシステムの開発をNRIが担当した(出典:JAL、NRI)

 また、スマートウォッチのように腕などに装着して使用するスマートバンド(活動量計や睡眠計などの機能を持つ)は、健康志向の高いビジネスマンやシニア層などに受け入れられ、さまざまなメーカーが参入。最近ではメガネブランドのJINSから目の動きから集中や眠気などを検知できるメガネ型ウェアラブルデバイス(スマートグラス)「JINS MEME」が登場したことも記憶に新しい。

 このように近年多くのウェアラブルデバイスが登場しているが、これから先、ウェアラブルデバイス市場はどのように成長していくのだろうか?

 矢野経済研究所が2016年5月16日に発表した、ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果の内容を基に、2015年の実績、2016年の見通し、そして2020年におけるウェアラブルデバイス市場の将来予測について見ていこう。

» その他の「調査レポート」をチェックする

ウェアラブルデバイス市場をけん引するのは?

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.