ニュース
» 2016年05月20日 09時00分 UPDATE

National Instruments CompactRIO:安全管理と省エネを実現するトンネル工事向けIoTシステムに採用

日本ナショナルインスツルメンツ(NI)は、錢高組がトンネル工事に試験導入した安全性・省エネ対策向けIoTシステムに、「CompactRIO」が採用されたと発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 日本ナショナルインスツルメンツは2016年5月12日、錢高組が高松自動車道 志度トンネルの工事現場で試験導入した安全性・省エネ対策向けIoTシステムに、同社の分散モニタリング/制御用プラットフォーム「CompactRIO」が採用されたと発表した。

 山岳トンネル工事では、作業員の「安全確保」と「消費電力の削減」が重要な課題となるが、錢高組はIoT技術でこれらの課題を解決。坑内に誰がいるかを電子化すると同時に、どのような作業が行われているかを把握し、作業員の安全を維持したまま、電気設備を細かく制御して無駄な電力を削減するシステムを、イー・アイ・ソルとともに構築した。

開発したシステムの概念図 図1 開発したシステムの概念図(出典:日本ナショナルインスツルメンツ)

工事現場で消費される電力が従来に比べて約20%削減

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.