ニュース
» 2016年05月20日 10時00分 UPDATE

エスアイアイ・セミコンダクタ S-19244/19243:ADAS向けカメラ用電源に最適なLDOレギュレーター

エスアイアイ・セミコンダクタは、車載用LDOレギュレーター「S-19244/19243」シリーズを発表。2016年5月から発売する。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 エスアイアイ・セミコンダクタは2016年4月、車載用LDOレギュレーター「S-19244/19243」シリーズを発表した。同年5月から発売する。

 近年、先進運転支援システム(ADAS)の開発が進み、そのシステムで使われるカメラ用電源に出力8V前後のLDOレギュレーターが求められている。S-19244/19243シリーズは、出力電圧を1.0〜9.0Vまで設定可能なので、各種ECU、メーター、カーマルチメディア、カメラ用電源に使用できるという。入力電圧は2.5V〜10V、高温125℃で動作し、1A/0.5A高出力電流のため、多様なアプリケーションに対応する。

車載用LDOレギュレーター「S-19244/19243」シリーズ 車載用LDOレギュレーター「S-19244/19243」シリーズ

機能8タイプ、5種のパッケージから選択可能

 最適なオプションが選択可能で、ソフトスタート時間(固定/可変)、放電シャント機能の有無、プルダウン抵抗の有無、出力電圧(内部/外部設定)と8タイプから組み合わせることができる。パッケージは高放熱性から超小型まで、5種類を用意する。

 また、ソフトスタート機能で、過大な突入電流や出力電圧のオーバーシュートを抑制。従来の外付け部品が不要となり、部品点数の削減にも貢献するという。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.